カテゴリー「ステンドグラス 上達のヒント」の記事

2020年3月15日 (日)

ステンドグラス 上達のヒント:型紙は絵を描くように切る

開催するステンドグラス教室で生徒に伝えていることを元に、

ステンドグラスを学んでいる方へ、知っておくと役立つヒントをお伝えいたします。

 

*******************************************************

ステンドグラスでは、まずデザインに沿って必要なガラスをカットしていきます。

教室によって呼称は異なると思いますが、型紙、パターン、テンプレートなどと呼ばれているかと思います。

ここでは型紙と呼びますが、その型紙はデザインのラインに沿ってハサミでばらばらにカットしていきます。

ちなみに型紙のカットには、パターンばさみという3枚刃のステンドグラス専用のはさみでカットします。

 

その時に最も重要なことが 型紙は絵を描くように切る ということです。

生徒さんの中には、例えば花のデザインならば花弁をひとつずつくり抜いていくようにハサミを動かす方もいます。

でもこのやり方だとハサミを細かく動かさなくてはいけない上に、カットしたそれぞれのピースのラインが不自然に途切れてしまったりします。

型紙のデザインをあたかも自分が描くように(またはデザインの上をなぞるように)ハサミを動かしていくと、カット後の各ピースの形が美しく仕上がります。

カット中は、デザインに応じてカットを途中で止めたり、四方八方からハサミを入れていったりします。

そうしていきながら、結果的にカットできたものを集めていきます。

 

言葉だけで表現するとややこしいですね。。。

今度、制作中に撮影しておこうかと思います。

 

ちなみに直線は 必ず カッターを使って切ります!

ハサミでフリーハンドで切ったら、直線が曲がってしまうからです。

デザインのラインを抜くように、ラインの両側にカッターを入れます。

カッターを使用するときはぜひともカッターマットを敷きましょう。

100円ショップのものでも大丈夫です。

段ボールなど代替品より格段にカッターでのカットが楽になります。

そして定規は必ず金属製、または金属カバー付きのものを使用しましょう。

プラスチックや竹の定規は、カッターで削ってしまう恐れがあります。

適切な道具を選ぶだけで、作業がぐっと楽になり、失敗が減ります。

ぜひお試しください♪

2019年9月 7日 (土)

ステンドグラス 上達のヒント : 型紙カットのちょっとした工夫

いちごのランプをお買い上げいただいたので、作品展に向けて2台制作することにしました。

ちょっと画像が暗くなりましたが、黄色の紙とピンクの紙を使用しています。

2枚で1セットです。

 

ガラスカットの時にカットした型紙をガラスにのりで貼るかはどうかは作品によって異なり、複雑なデザインの時は貼ってしまった方が楽です。

複数をまとめて作った方が効率がいいのですが、その時に色紙を使用するとカット後の分類がとても楽になります。

2セット作る場合は1セット目は白い紙、2セット目を色紙にするのですが、このランプの場合は白い紙は使用しません。

理由はいちごの花とバックに白のガラスを使用するからです。

白いガラスに白い紙を貼っても、見づらいのです。

DMやチラシに色紙が入っていると大切にとっておいて、制作時にカットする型紙に使用しています^ ^

ほんとうにちょっとした工夫ですが、こんなことも知っているかいないかで制作の効率がまったく違います。

生徒さんに教えると喜ばれるワザのひとつです。

Img_20190907