カテゴリー「ガーデニング」の記事

2020年5月 7日 (木)

ばらが次々と咲いています。

4月下旬はまだ肌寒く、体調を崩さないためにウールのセーターを着ていたのに、連休中に一気に季節が進みました。

前日の朝はまだ固い蕾が翌日には満開になっていたり、植物の気候に対する敏感さにはいつも驚かされます。

 

大好きなばら「アブラハム・ダービー」が咲きました。

毎年いちばん待ち焦がれている瞬間です。

Img_20200507_092558

咲き始めはコロンとした姿ですが、花弁がとても多くて満開時には華麗な姿に変容します。

サーモンピンクの色合いもとても美しいのですが、この花のいちばんの魅力はその香りです。

かなり強く香るのですがむせるようなものはなく、濃厚なのに爽やかです。

どれだけ嗅いでいても飽きることがありません。

花弁が多くて花が重い割に茎が細いので、このようにうつむいてしまいがちなのも趣きがあって好きです。

早速切って仏壇の花瓶に飾りました。

 

庭の地植えのばら「アンジェラ」も開花を始めました。

ご近所の日当たりの良いお家ではもう満開ですが、我が家の庭は周囲を建物に囲まれて日当たりがあまりよくないので、花付きは多くなく開花も遅いです。

Img_20200506_135825

それでもどんどん開花してきて、毎朝庭をのぞくのが本当に楽しみです。

冬にかなりがんばって剪定したつもりでしたが樹勢が良く、花壇がすっかり日陰になり雨が降っても土が濡れません。

フェンスを越えている枝は紐で内側に引っ張ったりしてご近所迷惑にならないようにしていますが、それでもどんどん伸びていってしまうので、ある程度開花した枝から随時切って、切り花として楽しみます。

去年は飾り切れずに生徒さんたちや知り合いに差し上げたりしていました。

今年も早くそんなことができる日が来てほしいものです。

 

毎年5月には館林のトレジャーガーデンと太田市のアンディ&ウイリアムボタニックガーデンにばらや様々なお花を楽しみに行きます。

今年は行けないなぁと残念に思っていたら、身近に思いがけずすてきな場所を見つけました。

Img_20200416_162957

かつて中学校があった場所が広い公園になっています。

現在は広場は立ち入り禁止ですが、その周辺の遊歩道は解放されています。

お散歩やランニングの人がちらほらいるくらいで密にならないので、気分転換のお散歩にちょうどいいところです。

外出自粛になって初めて遊歩道を歩いてみたら、植木や花がとてもきれいに整備されていることを知りました。

今まで外側から見ているだけで、こんなにきれいだとは知りませんでした。

この写真は先月のものですが、その後も季節の花や新緑が元気に成長しています。

地元のシニアの方々がメンテナンスをしているようです。

今年はこの公園やご近所の庭先のお花を観賞して過ごします。

2020年4月29日 (水)

ばらが咲いています。

教室がお休みになり時間に余裕ができたので、在庫を増やしています。

人気作品であるばらのランプを三つまとめて作りました。

Img_20200424_134657

やさしいピンク色のガラスにあわせて、葉っぱも新緑のようなきれいな黄緑色のガラスを使っています。

 

ベランダではばらの第一号が咲きました。

Img_20200428_093500

名前は忘れましたが国産のばらで、ミルクティーのようなブラウンのばらです。

お正月休みに数年ぶりに植え替えをして土をリフレッシュしたら、それに応えるようにぐんぐんと成長しました。

庭ではアンジェラという小ぶりのばらが蕾をいっぱいつけています。

植物が育っていくのは本当に元気づけられます。

2020年4月16日 (木)

四葉のカタバミを見つけました♪

「四葉のクローバー」といえばシロツメクサのことなのですが。

先日庭の草取りをしていて、なんと四葉のカタバミを見つけました!

Img_20200409_161716

人差し指の爪くらい小さいものです。

周囲に散らばる化成肥料の大きさからも、

そのサイズがお分かりになるかと思います。

 

我が家の庭はカタバミが大量発生します。

花がかわいいし、邪魔ものにするのも気が引けるのですが、

とにかく繁殖力が強すぎる!

葉だけでなく球根から慎重に抜かないと、どんどん生えてしまいます。

時々、球根のまわりに子供がついていて、

抜いたとたんにその子供が一気に周囲に散らばることも(涙)

 

この時も抜いてしまおうかと思ったのですが、何か不自然な感じがしたので

よくよく見てみたら葉っぱが4枚ついているではないですか!!

いいことがあったらいいな♪

しばらく鑑賞したら、押し花にしようかなと思います。

2020年3月28日 (土)

チューリップの開花

 昨日までは蕾が緑色で、咲くのは2-3日先かなと思っていたチューリップ。

今朝、庭を見たら一輪咲いていました。

玄関の植木鉢のチューリップもお昼までに開花しました。

Img_20200328_165449

大好きな白いハナニラや、区のガーデニング講座で寄せ植えしたパンジーも満開です。

これからゼラニウムももっと咲いてきそうです。

ベランダや庭のばらには小さな蕾がつき始めました。

憂鬱になりがちな毎日ですが、日々ぐんぐんと成長するグリーンを見ていると少しだけ明るい気持ちになります。

 Img_20200328_165506

2019年5月16日 (木)

群馬花めぐり2019 (2) アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

A&Wへ向かうために茂林寺前駅から電車に乗った後で、帽子をなくしてしまったことに気づきました。

トレジャーガーデンから駅への道で落としたのかもと思いつつ、太田駅で問い合わせたところ茂林寺前駅に届けられているとのこと。

しかし帰途で茂林寺前駅で途中下車してしまうと、次の電車まで長い間待たなければなりません。

相談したら親切にも夕方までに乗換で使う館林駅に送っていただけることになりました。

帰りに無事に館林駅で帽子を受け取りました。

拾って届けてくださった方、東武鉄道各駅の担当の皆さま、ありがとうございました!!

 

A&Wもばらはまだ中間よりも前、という感じでした。

ただこちらのガーデンでは、ばらは「この季節の見どころのひとつ」という位置づけで、植栽そのものの楽しさを味わえます。

庭園の敷地をいくつかのパートに分けて、それぞれが違った性格を与えられています。

Img_20190515_141903

こちらはまるでイギリスのお城の庭に来たかのような、伝統的でロマンチックなガーデンです。

Img_20190515_142529

小道が二つあり、それぞれ以前よりも木や低木が育ってきたためだいぶワイルドな雰囲気なってきましたが、それでもところどころにとても工夫された箇所があったりします。

Img_20190515_142322

ここはいつもブルー系の花が植えられていて、遅い時期だとラベンダーが咲いているときもありましたが、今年はまだパンジーやビオラが咲いています。

ここからも季節の進みがそれほど速くないことがわかります。

Img_20190515_152321

ばらのアーチ側から見たところです。

とても好きな空間です。

やはり早咲きのばら以外は固い蕾が多かったです。

Img_20190515_141019

A&Wの楽しみのひとつがこのコニファーガーデンとうっそうとした森と池のエリアです。

イギリスやフランスの田舎に行ってきました、なんて言っても信じてもらえそうです。

ガーデナーさんのお話を雑誌で読んだことがありますが、少し木が育ちすぎてしまってきているとの見方もあるそうです。

確かに、こうして写真で見るよりも実際はとても狭いスペースです。

木々が育つままにしてしまうと景観が乱れてしまうのかもしれません。

そういえば明治神宮のうっそうとした深い森も、100年の間に人が計画的に手を入れて人工的に作った森であるというのをテレビで見たことがあります。

イギリスの庭園には、いかに自然に見えるように人工的に作っていくかというスタンスがあります。

この先どうなっていくのか、でもきっと間違った方向にはいかないだろうなと、ずっと見続けていきたいと思いました。

 

このガーデンはばら以外の季節も計画的に植栽された植物が楽しめるので、夏や秋にも来てみたいと思うのですが、その時期にはトレジャーガーデンが閉演しているので、こちらのためだけにこの一日がかりの遠出をするのに二の足を踏んでしまっています。

でもここは巨大なジョイフルホンダの併設施設。

初めて来たときはジョイフルホンダの巨大店舗で迷子になって、帰りのバスに乗り遅れるかと大慌てしました。

ホームセンターは、特に買うものがなくても歩いているだけでワクワクしてしまいます。

たぶんガーデンとホームセンターの中だけで1日あっても足りないくらい楽しめそうなので、時間をつくってまた違う季節に来てみたいなあと思いました。

 

帰りには目的のひとつであるサツマイモ「パープルスイートロード」の苗をガーデンセンターで買って、モール内のスーパーで激安の群馬産「おっきりこみうどん」を大量買いして、4時間かけて東京まで帰ってきました。

群馬花めぐり2019 (1) 東武トレジャーガーデン

 今朝の新聞にステンドグラス教室生徒募集のフライヤーが折り込まれました。

当然我が家の新聞にも入っていたのですが、初めてのことなので「おおっ」と感動しました✨

今朝は折り込みチラシがとても少なく、A4版できれいなピンク色のフライヤーが目立っていたかなと思います。

早速お問い合わせを1件いただきました。とてもうれしかったです。

 

昨日はほぼ毎年恒例となっている、群馬の二つのガーデンへの一日遠足に行きました。

予報では曇りで肌寒いとのことでしたが、実際にはほぼ快晴で汗ばむくらい、とても過ごしやすい気候でした。

電車とバスを利用しての行程で、本数が少ないので交通機関のダイヤに沿ったスケジュールで動きます。

二つを効率よく回るためには、一つ目のトレジャーガーデンには9時過ぎには到着したいところ。

そのため5時半起きで6時半過ぎの浅草線に乗車します。

そんな早朝でも座れないくらいの混雑、新橋でようやく座れて浅草まで行きました。

東武線への乗り換えで浅草を経由するのは、駅同士がとても遠いので今まで避けていました。

しかし今回初めてやってみて、東武浅草駅のトイレが、今まで経由していた北千住駅よりもずっときれいで空いていることを知りました。

茂林寺前駅までは普通列車で1時間以上の距離なので、乗車前のトイレは必須です。

北千住ではトイレの行列に並んでいるうちに乗り過ごしてしまうのではとヒヤヒヤしたり、苦手な和式に入ることになったりと少しストレスでした。

きれいなトイレにすっと入れるのは、乗り換えで駅間を歩く面倒を凌駕します。

来年からも浅草乗換で行こう!と収穫を手に入れました。

 

9時過ぎに到着したトレジャーガーデンはまだ人もまばらです。

Cimg7294

入口のアーチの二種類のピンクのばら、スパニッシュビューティとピエールドロンサールは満開です。

Cimg7300

例年、5月半ばに行くとばらのピークであることが多いのですが、今年はまだ早咲きのばらしか咲いていなかったのが意外でした。

暖冬だったし5月に入ってからは好天続きだったので満開を期待していたのですが、3-4月の寒さが影響したのでしょうか。

奥のアーチの淡いピンクのオールドローズ「ポールズヒマラヤンムスク」はまだ数輪しか咲いていませんでした。

 

ほとんどのばらが蕾が主なので、満開を知っていると少し物足りなく思われますが、お花は少しだけでも美しいものです。

またこの時期は新緑も美しいので、とても爽やかな気持ちです。

Cimg5347

トレジャーガーデンはばらの前の時期にはネモフィラのお花畑が人気です。

すでに盛りは過ぎていますが、これだけのネモフィラが残っていました。

ばらの最盛期にはすっかり枯れてしまっているので、ネモフィラやルピナス、リナリアのお花畑を楽しめたのはよかったです。

Img_20190515_094150

ただ、毎年思うのですが、なぜ園内に流れるBGMは必要ないなあと思います。

入り口近くのレストラン前のスピーカーから今年は洋楽が流れ続けていて、それはお花畑や奥の白バラのアーチにいても聞こえてきます。

数年前の懐かしい曲が流れてきたりして、カフェとかで聞いたら楽しいもしれませんが、美しいフラワーガーデンの中でBGMが必要とは思えません。

木々の間を抜ける風の音やたまに聞こえる鳥の声、お客さんたちの楽しげなおしゃべりの声、それだけで十分だと思います。

次に行くアンディ&ウイリアムズボタニックガーデンが静謐な空間なのと対照的で、本当にこのBGMがなければもっと洗練された素敵な空間になるのになあと思います。

今年は立ち入り禁止のエリアが例年以上に多かったのも少し残念でした。

初期のころに公開していた池のある森もいつかまた再公開してほしいと願っていますが、今はすっかり地図からも消えてしまっているので、ひょっとして土地を手放してしまったのかなという気もします。

2018年6月 5日 (火)

群馬 花めぐり

先週の金曜日、毎年恒例の群馬のガーデンへの一日遠足に行ってきました。
いつもはバラの最盛期の5月半ばに行くのですが、今年は5月末に丸の内クラフトマーケットに参加したため、6月に入ってからの訪問となりました。

今年は暖かくなるのが早かったため、花の時期も前倒しになっています。
バラはだいぶ終わってしまっていました。

まずは館林のトレジャーガーデンです。
6月10日で今年の公開が終わってしまうため、バラの次の時期の花もなく、完全にシーズンオフという印象になっていました。
それでも写真にとると、お天気の良さもありなかなかきれいです。

Img_20180601_102403


Img_20180601_102633


かつては秋にもバラと、サルビアなどの秋咲きの花のお花畑を公開していましたが、今年は早春の芝桜からバラの終わる6月上旬までの公開のみとなるそうです。
去年は11月の作品展準備のために秋の公開に来られなかったので、今年は来ようかと思っていたので驚き残念に思いました。
秋は来訪者が少なく経営的に難しいのかなとも思いましたが、真相はわかりません。

東武鉄道が運営するようになってHPがおしゃれになったり、園内のセンスもよくなってきましたが、肝心のお花が、かつての様々な種類の花を絶妙に配置する英国式庭園から、一種類の花をダーッと植えるお花畑路線に傾いてきているのが心配です。
その方が管理が楽だったり、集客も多いのかもしれませんが、せっかく立派な土台があるので頑張ってほしいなと思います。


その後、太田市のアンディ&ウィリアムズボタニックガーデンへ。
この日はとにかくお天気に恵まれました。気温は28℃。
意外とバラが残っていて、うれしい驚きでした。

Img_20180601_134801


Img_20180601_134815_2

こちらはしっかりしたガーデナーチームがあるので、年々マイナーチェンジを重ねながら成長しています。
かつてジャングルのようになってしまっていたシークレットガーデンは、それはそれで面白かったのですが、今はすっかり美しく整えられています。
ホワイトガーデンの白い紫陽花アナベルも美しかったです。

帰りにはジョイフルホンダで恒例のサツマイモ「パープルスイートロード」の苗を買おうと思ったら、季節が進んでしまっていたので、ツルしかありませんでした。
いつもは苗を買ってツルを育てるのですが(その方がずっと割安なので)、今年はツルを買いました。
おかげで翌日には植え付けができたので、これはこれでよかったです。

もう一つの恒例がジョイフルホンダに隣接しているスーパーでおっきりこみうどんを買うこと。
もちもちの麺が大好物で、本場なのでとても安く買えます。
お土産分も含めていっぱい買って帰途につきました。

2018年5月 5日 (土)

ばらが咲いています

庭のばら“アンジェラ”が見頃を迎えています。


1525483406616.jpg

1525483409136.jpg

日当たりよくないので、他のお宅よりも遅めの開花でした。
今年は急に暖かくなったので、ツツジもばらも開花が早いですね。

2017年6月 4日 (日)

初夏の収穫祭

昨日、屋上のプランターからジャガイモを収穫しました。
こんなに取れました。

Img_20170603_183801


Img_20170603_184946


実はこのジャガイモ、意図的に植えたものではありません。

毎年、初夏から冬にかけて屋上でサツマイモ「パープルスイートロード」をプランター栽培しています。
収穫後は重たいプランターを庭に下して土を入れ替え、再度屋上まで運ぶ作業をしていたのですが、これが結構な重労働でした。
サツマイモはやせた土でも育つとはいえ、植物には連作障害というものがあり、同じ科の植物を続けて栽培するのは良くないことが起こる可能性があります。
屋上で栽培後の土を再生できたらと思い、昨年末から未熟な生ごみたい肥を栽培後の土の下に入れて完熟させることにしました。
気温の上がる春ごろに土を攪拌すれば、たい肥の混ざった良い土になって、再びサツマイモを植えられるはず!と意気込んだのですが。

春先からニョキニョキといろんな草が生えてきました。
未熟な生ごみたい肥にはジャガイモの皮(芽つき)やダイコンやニンジンのしっぽ、柿やカボチャの種などが混ざっているため、それらの芽が生えてくることは珍しくありません。時にはゴーヤーやアボカドが出てくることもあります。
いつもは邪魔なのですぐに抜きますが、あんまりにもジャガイモが生えてくるので、サツマイモを植える時期まで放置しておくことにしました。

するとこんなことに。

Img_20170603_181209

ジャガイモ以外にも蒔いた記憶がないスイートアリッサムやキャットミントが育っています。
土壌改良のために種まきしたレンゲは春にとても可憐な花を咲かせていました。
種が余っていたので蒔いてみたコリアンダーもしっかり育って、今は可憐な(しかし匂いはバッチリの)花を咲かせています。
烏に生ごみたい肥が埋まっていることを悟られると荒らされてしまうので、ゴーヤー用ネットや重い素焼き鉢で土の表面をがっちりとガードしましたが、その隙間をぬってこれだけの植物が生えました。

そろそろサツマイモを植えないと年内に収穫できないので、昨日5個のプランターをひっくり返したところ、上記のような大小さまざまなサイズと種類のジャガイモができてきました。
中にはこんなにたくさんついていたものも。


Img_20170603_181754

今夜、小ぶりのものを素揚げにして食べました。普通においしかったです。
剥いた皮からできたので元手ゼロです。肥料もやっていません。
きれいにしたプランターにはサツマイモを植えました。
面白いからこれからもこの二毛作(?)をやってみようかと思います。

2017年5月11日 (木)

群馬花めぐり(2) アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

ほぼ毎年恒例の群馬花めぐりの旅、車の運転ができないため公共交通機関を利用しての移動となります。
戸越からトレジャーガーデンのある茂林寺前(館林の一つ手前)までは浅草線・日比谷線・東武スカイツリー線の乗換も無駄なく、早朝でも意外と本数も多くてよいのですが、トレジャーガーデンからアンディ&ウィリアムスまでの移動およびそこから埼玉の久喜まで戻ってくるのが、バスや電車の本数が少なくてとても大変です。
1本逃すと予定がすべて狂ってしまうため、時計を気にしながらの散策になります。
かなり余裕をもって、それぞれのガーデンに2時間以上の滞在時間を取っているのですが、いずれも広くて見どころがたくさんあるので、いつも最後は追われるように門を後にします。

トレジャーガーデンは最寄の茂林寺前駅から徒歩15分くらいですが、アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンは太田駅からも最寄りの木崎駅からも徒歩で行ける距離ではありません。
そのため施設のアクセス案内には電車利用者は駅からタクシーで、とあります。
初めて行ったときは私もそれを信じて木崎から往復タクシーを利用しましたが、実は太田駅からバスで行けます。
平日限定ですが、太田駅から隣接のジョイフルホンダの裏に停車するコミュニティバスが出ているのです。
新田高校行という1時間に1本もない路線ですが、200円で利用できるし電車との接続も悪くないのでとてもありがたいです。
話はずれますが、太田市で高校の名前が新田高校とは、太平記の世界が現代に受け継がれていることにワクワクします。
実際足利市から太田市あたりのエリアには鎌倉末期から室町時代の歴史にゆかりのある名所旧跡が多くあり、いつか2泊くらいしながらゆっくりと回ってみたいと思います。館林も徳川四天王の一人・榊原康政ゆかりの地です。

バスのことが施設の案内に載っていないのは本数が少なすぎることのほかに、おそらく施設の方たちもご存じないからではないかと思います。
このジョイフルホンダは東京のホームセンターしか知らない身には圧倒されるほどの広大なホームセンターで、興味本位で覗いてみたら迷子になってしまいバスの時間が近づいたのにどうやって裏口に行けばいいかわからなくなってしまったことがあります。
慌ててスタッフの方に停留所のある場所を聞いたのですが、大勢の方が対応してくださったのに誰もバスが走っていることすらご存じない様子でした。
群馬は車社会ですし、皆さん車やバイクで出勤されているでしょうから納得です。それでもいろいろ助けてくださって何とかバスの時間に間に合いました。

本題に入るのが遅くなりましたが、アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンは今年で15周年を迎える本格的なイングリッシュガーデンです。
基礎を作ったのはガーデンの名前にもなっている二人の英国人ガーデナーですが、それから15年の間、改良を加えながらイングリッシュガーデンとして成長しているのは素晴らしいことだと思います。
タキイ種苗の会員誌で去年からヘッドガーデナーの方の庭づくりのエッセイが連載されていますが、それを読んでもスタッフの方々の創意工夫と情熱が伝わってきます。

咲いているのはパンジーなどよくある植物なのに、色の組み合わせのセンスが新鮮です。

201705095

このエリアの植え込みはいつもブルーが主体です。
バラの季節にはこの頭上にピンク色のバラがアーチをつくりますが、今年は白い藤が咲いていました。
盛りを過ぎた状態でしたが十分に美しく、バラには早い季節に来たからこそ見られた景色でした。

201705097

ここのボーダーガーデンは丸い照明がおしゃれで、植栽もとても工夫されています。
個性的なアリウムがアクセントになっています。

201705096

2017050910

こういった場所も、多くは珍しくない品種の植物ですが組み合わせのセンスとまるで自然に生えているかのようなレイアウトで楽しませてくれます。イギリスに行ったと言ったら、信じてもらえそうです。

201705098

林のエリアも心休まり大好きです。今年はカラーやアイリスなど、バラの季節には終わっていて見られない植物が見られたのもうれしかったです。ハスも咲いていました。

201705099

前日は館林で30度を超える暑さだったのがうそのように肌寒く曇りがちのお天気でしたが、ハイシーズンを避けたためにどちらのガーデンもとても静かで落ち着いて散策することができました。
ジョイフルホンダのガーデンセンターではこちらも恒例のサツマイモ「パープルスイートロード」の苗を買いました。
これから屋上でサツマイモ栽培を始めます。