« Creema限定 クリスマス早割実施中です | トップページ | ステンドグラス教室 11月のスケジュール »

2020年10月10日 (土)

ステンドグラス 上達のヒント:ガラスカットを楽にする方法あれこれ

Img_20200930_180423

クリスマスツリーを制作しています。

一度に3台分つくります。

直線をカットするときは、型紙を貼ってから端に定規を当ててカットするよりも、ガラスの直線部分を利用して、そこにガラスを貼ってしまった方が遥かに楽です。

直線が多いデザインの場合は、このように先に適した幅でガラスをカットして、そこに型紙を貼っていきます。

立体作品の場合、脇の部分の直線がゆがんでいると、はんだで組み立てるときに隙間からはんだがこぼれ落ちてしまったりして難儀します。

脇のラインをしっかりきれいな直線に保つためにも、ぜひ知っておいていただきたいコツのひとつです。

 

ちなみに郵便局からもらった定規の裏にはハンズで買ったシール付きのゴムシートを貼っています。

市販されているガラスカット専用の定規は40cmあるので、小さなピースの直線カットには不向きです。

2mmくらいの厚みのある定規に、このようにゴムシートを貼り付けると、とても便利なガラスカット用定規になります。

 

先日生徒さんに「このコラムを読むと、あっそうだった…(汗)と思い出すことが多いです。たぶんこの教室の生徒が一番役立っていると思います」と言っていただきました。

一度お話ししても、しばらくすると忘れてしまいますよね。

生徒さんが読んでくださるのはうれしいです。

生徒さんだけでなく、多くのステンドグラス制作を楽しんでいる方のお役に立てばうれしいです♪

« Creema限定 クリスマス早割実施中です | トップページ | ステンドグラス教室 11月のスケジュール »

ステンドグラスのお仕事」カテゴリの記事

ステンドグラス教室」カテゴリの記事

ステンドグラス 上達のヒント」カテゴリの記事