« ステンドグラス教室 9月のスケジュール | トップページ | 星がいっぱい »

2020年8月30日 (日)

ステンドグラス上達のヒント:直線カットを成功させるには、カットする順番も大事

Img_20200828_110639

直線カットが苦手な方は多いですが、様々なコツを知っていれば成功率はぐんと上がります。

今回、細長い形を2本取るために、直線を2回カットします。

この時、どちらを先にカットするでしょうか。

端から順番にカットするものだと思ってBからカットする方もいるかもしれませんが、正解はAです。

ここには、ステンドグラス制作をするときに知っていなければならないガラスの性質が関係しています。

それは「ガラスはアンバランスが嫌い」ということです。

 

二つの線の幅はそれぞれ3-4cmです。一方でガラスの全体のサイズはタテヨコともに30cm強あります。

実際にカットした経験のある方ならご理解いただけると思いますが、縦30cm、横3cmでカットするのと縦30cm、横7cmでカットするのなら、後者の方が遥かに簡単です。

それは、後者の方が左右の比率がより均等に近くなるからです。

ガラスカットで最も簡単なのは1:1、半分にカットすることです。

なので、できるだけそれに近づけるようにするのが大事です。

先にAでカットすれば、次はほぼ1:1でのカットとなるのでとても楽です。

必要なのが細長い形1本だけなら、残念ながら他のコツを駆使しながらがんばるしかないのですが、複数の細長い形をカットするときは、このようにできるだけ均等なカットになるように、カットする順番を考えるのが大事です。

 

ひとつトラップがあります。

「できるだけ均等なカットになる」とは最後のカットを1:1にする、ということです。

例えば必要なのが6本の場合、最初に均等なカットをしようとすると3本と3本にわかれてしまいます。

そうすると次が1本:2本に分かれてしまうため、アンバランスになってしまいます。

この場合は最初に2本:2本:2本になるようにカットして、その後1本:1本に分けるようにカットします。

最初に3等分するとなると最初のカットでやはり1:2になるではないか、と思われるでしょうが、最初の3等分の時はそれぞれの幅はそれなりにあるので、最後に1:2になってしまうよりはずっとマシです。

言葉で説明するとわかりづらいですが…。

 

複雑なデザインの作品だと幅1cm未満の細長いピースをカットしないといけないときもありますよね。

その時はぜひこのやり方を試してみてください。

« ステンドグラス教室 9月のスケジュール | トップページ | 星がいっぱい »

ステンドグラスのお仕事」カテゴリの記事

ステンドグラス教室」カテゴリの記事

ステンドグラス 上達のヒント」カテゴリの記事