« サツマイモの葉とジャガイモの花 | トップページ | 8月のスケジュール »

2020年7月23日 (木)

ステンドグラス 上達のヒント:直線はカッターで切りましょう

ステンドグラスの型紙を切るとき、ステンドグラス専用のパターンばさみでカットする方がほとんどだと思います。

ステンドグラス用のパターンばさみは片側が二枚刃になっているものです。

慣れないとカットがしづらいので、型紙のラインの両脇を通常のハサミでそれぞれカットするよう指導するお教室もあるようですが、やはり時間短縮や確実なカットのためにはパターンばさみを使った方がいいと思います。

はさみの上手な扱い法については、また改めてお伝えしますが、今回は直線カットについてのお話です。

 

曲線に関してはパターンばさみを使用した方がいいですが、直線はぜひともカッターで切りましょう。

はさみでは、どんなに熟練しても完璧な直線にはカットできません。

カッターでカットするときは、ラインの両脇を、1mm(ケイムの時は2mm)幅でカットします。

カッターも慣れないと意外と上手に扱えないものです。

コツをいくつか挙げてみます。

 

 *カッターマットを敷きましょう。

  新聞紙や段ボールで代用することもできますが、今は小さいサイズなら100円ショップでも購入できます。

  餅は餅屋で、本当にカットが楽になります!

  カッターマットにも刃が食い込むくらいしっかりと刃を当てると、とてもきれいにカットできます。

 

 *カッターの刃はこまめに交換しましょう。

  ガラスにコパーテープを巻いているときにはみ出た部分をトリミングしたりすると、すぐに刃こぼれしてしまいます。

  刃を出しすぎないことも大切です。

  カッターの刃は、カットするものの厚みに応じて出す長さを調整します。

  薄い紙をカットするときにたくさん刃を出してしまうと、刃が安定せずうまく切れません。

 

 *定規は金属製のものを使用しましょう。

  プラスチックや竹の定規は、カッターで削ってしまう恐れがあります。

  画像のような金属製の定規や、縁に金属がついている定規を使用しましょう。

  ちなみに、油性ペンで線を引くときは、金属製または竹製の定規を使用しましょう。

  石油製品であるプラスチックは、油性ペンの油で溶けてしまいます。

  これ、意外とご存じない方が多いですが、知らずに使っていると定規がボロボロになってしまいます。

Img_20200723_202835

 

ちなみにもう一つ、正方形や角が直角の四角形をカットするときは、型紙に頼らずにガラスに直接油性ペンでカットする形を描いて、ガラスカット用直線定規でカットする方が確実にきれいな形のガラスを得ることができます。

ガラスの直線カットを苦手とする方も多いので、これもいずれコツをお伝えできればと思います。

« サツマイモの葉とジャガイモの花 | トップページ | 8月のスケジュール »

ステンドグラス教室」カテゴリの記事

ステンドグラス 上達のヒント」カテゴリの記事