« ツリーのトレイのフュージング | トップページ | 生徒さんの作品 »

2014年10月18日 (土)

菱田春草展@国立近代美術館

昨日は竹橋の国立近代美術館に菱田春草展を観に行きました。
お天気が良かったので、東京駅から皇居東御苑を通って行くことにしました。

 

Image

 

 

久しぶりの皇居の散歩です。東京駅から皇居周辺はいつ見ても美しいですが、お天気がいいと格別です。

 

201410171423000_2

 

 

と、その時、馬の蹄の音が!
馬車です!目の前を馬車と護衛の白馬の衛兵が通っていきました。
慌てて写真を撮りましたが、ずいぶん先まで行ってしまいました。
中央の標識の左側(自転車の上方)に馬車があるのがおわかりになるでしょうか。。。

 

201410171424000_2

 

外国の大使が着任や帰国で皇居にごあいさつに行く時に、馬車に乗る習慣があります。
車という選択肢もあるそうですが、ほぼ全員が馬車を希望するそうです。それはそうですよね。
この馬車を見たのはこれで2度目ですが、東京に住んでいても滅多に見られるものではないので、2度も見られてラッキーです。

 

ところがなんと東御苑は閉園日でした。月曜閉園は覚えていたのですが、金曜日もお休みとは盲点でした。
東御苑を抜けると美術館までのショートカットになるのですが、それができないとなるとお濠をぐるりと周らなくてはいけません。
馬車の一件がなかったら一気にテンションが下がるところでしたが、気持ちを切り替えて向かいました。

 

201410171420000_2

 

 

私は都立九段高校という、靖国神社の隣にある高校に通っていました。
在校中に校舎の建て替えをしていたためグラウンドが使えず、冬の体育の時間はいつも皇居を走っていました。
北の丸公園を周る2kmの短いコースから、九段下の田安門を出発して皇居を周回する6kmのコースまで、様々なルートと距離を走りました。
お濠を歩いていると、持久力がないのでフラフラになりながら走っていた日々がよみがえります。
車の往来が激しいので走った後は鼻の中が真っ黒になっていて、却って健康に悪いんじゃないかと疑っていました。

 

美術館に着きました。
あいにくなことに、先日の日曜美術館で放送してしまったこともあり、とても混雑しています。
最初のうちは中々前へ進めないような感じでしたが、だんだん人がばらけてきて、後半は割とゆっくりと鑑賞できました。

 

201410171447000_2

 

私が菱田春草を知ったのは、中学生のころ好きだった森脇真末味さんのマンガがきっかけでした。
ちょうどその時に回顧展が始まったため観に行って、その絵の美しさにすっかり魅了されました。
今でも日本画で一番好きなのは春草です。洋画を含めても一番好きかもしれません。
ほとんどの作品はそれ以来の再会ですが、カタログを繰り返し観ていたため、そんなに長い間観ていなかったとは思えないくらい細部まで覚えていて驚きました。

 

今回は代表作の黒き猫が15日からの後半のみの展示だったため昨日観に行ったのですが、私の大好きな「菊慈童」や「水鏡」は前半のみの展示だったと知ってかなりショックでした。
もっときちんと調べておけばよかったです。

 

春草の絵は、この世にこんなに美しい世界があるかと思うほど、繊細で幻想的です。
どの絵もいつまでもこの前に立ってぼんやりと眺めていたいと思ってしまいます。
36歳という短い生涯が惜しまれてなりません。
目を病んだ晩年も、次々と傑作を生み出していて、どれほど無念だったかと思います。

 

帰りは都営線に乗るために九段下に向かいました。
老朽化で取り壊される九段会館です。同窓会をここでやっていたこともあったので、行っておけばよかったなあと今になって思います。

 

201410171716001

 

 

 

« ツリーのトレイのフュージング | トップページ | 生徒さんの作品 »

アート」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菱田春草展@国立近代美術館:

« ツリーのトレイのフュージング | トップページ | 生徒さんの作品 »