カテゴリー「歌舞伎」の記事

2014年3月26日 (水)

勧進帳

先週歌舞伎座の夜の部の公演を観ました。
3演目の2幕目が勧進帳で、吉右衛門さんの弁慶、藤十郎さんの義経、菊五郎さんの富樫というこれ以上ない適材適所の人間国宝勢揃いのすごい舞台でした。
大好きな菊五郎さん、吉右衛門さんの出演する勧進帳は何度も観ていますが、お二人の共演を観るのは初めてかもしれません。今まで菊五郎さんが富樫や義経で出演されている時、弁慶を演じているのは團十郎さんでした。團十郎さんの勧進帳は初歌舞伎から20数年で何度観たでしょうか。今でも声音や表情がありありと思い浮かびます。

吉右衛門さんの弁慶は知性、情、力強さ、包容力、色気、、、と全てを兼ね備えた男の中の男、誰もが惚れる弁慶です。
團十郎さんの弁慶は細かな技巧はないものの、義経への愛がひしひしと感じられる、変な言い方かもしれませんが「忠犬」のような弁慶でした(あくまで私の感じ方ですが)。團十郎さんは暖かくまじめな人柄だったそうですが、團十郎さんの弁慶も普段は暖かい人なんだろうと思わせる、胸を打つものでした。
江戸時代には「團十郎」は特別な力を持ち、新年にその舞台を観ることが厄除けになったと言われますが、團十郎さんの舞台も、常に明るく暖かく、大きなオーラに包まれているような雰囲気があって、現代の世に、これほど「團十郎らしい團十郎」を観られる幸せをいつも感じていました。
菊五郎さんが吉右衛門さんと共演されているのを観て、改めて團十郎さんはもういないんだと思いました。まだ信じられませんが。

勧進帳は歌舞伎の数多い演目の中でも常に人気が高い演目で、本当によくできたお芝居だと毎回思います。
でも学生のとき、一緒に観た友人が「ピンとこない」と言っていて驚いたことがあります。
その時に思ったのは、私が勧進帳を好きなのは幼いころから歴史、特に源平合戦の時代が好きで、のめりこみすぎて平家物語や義経記の子供向け本を読み、長じてそれらの原文やお伽草紙の弁慶物語(非常に痛快なピカレスク小説です!)を読むまでになってしまったことが大きいのかも、ということです。
義経や弁慶の幼少時代の伝説、合戦での活躍とその後の暗転、ここで一度ピンチを切り抜けてもその先に何が待っているかを知っているからこそ、勧進帳での弁慶の機転や富樫の温情が心に響くのでしょうか。
海外で上演しても意外と反応が薄い、という話を聞いたことがありますが、勧進帳は普遍的な物語ではないのかもしれません。

ロビーのお土産売り場で印伝のがまぐちを買いました。
仕事用の財布が古くなっていて、次は印伝のものをと思っていました。
プライベート用の財布も去年歌舞伎座のお店で買った印伝の折り財布です。
前回も柄選びに散々迷いましたが、今回もあらゆる柄や形を見比べました。
その中でこの歌舞伎座限定デザインがとてもかわいく、がまぐちの形と色や柄がよく合っていたので決めました。
さっそく使用していますが、容量も多く満足です。
印伝は使い込むほどに皮が軟らかくなり、漆の光沢も出てくるので、大切に何年も使っていきたいです。

201403260027000