« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月19日 (日)

全品ポイント2倍 実施中です♪

Spitalfieldsでは5月19日(日)に、1日限りのポイント2倍サービスを実施しております。

Creemaのポイントキャンペーンとあわせると、ポイントが12倍!!になります。

この機会に、ぜひぜひご利用くださいませ。

2019年5月16日 (木)

群馬花めぐり2019 (2) アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン

A&Wへ向かうために茂林寺前駅から電車に乗った後で、帽子をなくしてしまったことに気づきました。

トレジャーガーデンから駅への道で落としたのかもと思いつつ、太田駅で問い合わせたところ茂林寺前駅に届けられているとのこと。

しかし帰途で茂林寺前駅で途中下車してしまうと、次の電車まで長い間待たなければなりません。

相談したら親切にも夕方までに乗換で使う館林駅に送っていただけることになりました。

帰りに無事に館林駅で帽子を受け取りました。

拾って届けてくださった方、東武鉄道各駅の担当の皆さま、ありがとうございました!!

 

A&Wもばらはまだ中間よりも前、という感じでした。

ただこちらのガーデンでは、ばらは「この季節の見どころのひとつ」という位置づけで、植栽そのものの楽しさを味わえます。

庭園の敷地をいくつかのパートに分けて、それぞれが違った性格を与えられています。

Img_20190515_141903

こちらはまるでイギリスのお城の庭に来たかのような、伝統的でロマンチックなガーデンです。

Img_20190515_142529

小道が二つあり、それぞれ以前よりも木や低木が育ってきたためだいぶワイルドな雰囲気なってきましたが、それでもところどころにとても工夫された箇所があったりします。

Img_20190515_142322

ここはいつもブルー系の花が植えられていて、遅い時期だとラベンダーが咲いているときもありましたが、今年はまだパンジーやビオラが咲いています。

ここからも季節の進みがそれほど速くないことがわかります。

Img_20190515_152321

ばらのアーチ側から見たところです。

とても好きな空間です。

やはり早咲きのばら以外は固い蕾が多かったです。

Img_20190515_141019

A&Wの楽しみのひとつがこのコニファーガーデンとうっそうとした森と池のエリアです。

イギリスやフランスの田舎に行ってきました、なんて言っても信じてもらえそうです。

ガーデナーさんのお話を雑誌で読んだことがありますが、少し木が育ちすぎてしまってきているとの見方もあるそうです。

確かに、こうして写真で見るよりも実際はとても狭いスペースです。

木々が育つままにしてしまうと景観が乱れてしまうのかもしれません。

そういえば明治神宮のうっそうとした深い森も、100年の間に人が計画的に手を入れて人工的に作った森であるというのをテレビで見たことがあります。

イギリスの庭園には、いかに自然に見えるように人工的に作っていくかというスタンスがあります。

この先どうなっていくのか、でもきっと間違った方向にはいかないだろうなと、ずっと見続けていきたいと思いました。

 

このガーデンはばら以外の季節も計画的に植栽された植物が楽しめるので、夏や秋にも来てみたいと思うのですが、その時期にはトレジャーガーデンが閉演しているので、こちらのためだけにこの一日がかりの遠出をするのに二の足を踏んでしまっています。

でもここは巨大なジョイフルホンダの併設施設。

初めて来たときはジョイフルホンダの巨大店舗で迷子になって、帰りのバスに乗り遅れるかと大慌てしました。

ホームセンターは、特に買うものがなくても歩いているだけでワクワクしてしまいます。

たぶんガーデンとホームセンターの中だけで1日あっても足りないくらい楽しめそうなので、時間をつくってまた違う季節に来てみたいなあと思いました。

 

帰りには目的のひとつであるサツマイモ「パープルスイートロード」の苗をガーデンセンターで買って、モール内のスーパーで激安の群馬産「おっきりこみうどん」を大量買いして、4時間かけて東京まで帰ってきました。

群馬花めぐり2019 (1) 東武トレジャーガーデン

 今朝の新聞にステンドグラス教室生徒募集のフライヤーが折り込まれました。

当然我が家の新聞にも入っていたのですが、初めてのことなので「おおっ」と感動しました✨

今朝は折り込みチラシがとても少なく、A4版できれいなピンク色のフライヤーが目立っていたかなと思います。

早速お問い合わせを1件いただきました。とてもうれしかったです。

 

昨日はほぼ毎年恒例となっている、群馬の二つのガーデンへの一日遠足に行きました。

予報では曇りで肌寒いとのことでしたが、実際にはほぼ快晴で汗ばむくらい、とても過ごしやすい気候でした。

電車とバスを利用しての行程で、本数が少ないので交通機関のダイヤに沿ったスケジュールで動きます。

二つを効率よく回るためには、一つ目のトレジャーガーデンには9時過ぎには到着したいところ。

そのため5時半起きで6時半過ぎの浅草線に乗車します。

そんな早朝でも座れないくらいの混雑、新橋でようやく座れて浅草まで行きました。

東武線への乗り換えで浅草を経由するのは、駅同士がとても遠いので今まで避けていました。

しかし今回初めてやってみて、東武浅草駅のトイレが、今まで経由していた北千住駅よりもずっときれいで空いていることを知りました。

茂林寺前駅までは普通列車で1時間以上の距離なので、乗車前のトイレは必須です。

北千住ではトイレの行列に並んでいるうちに乗り過ごしてしまうのではとヒヤヒヤしたり、苦手な和式に入ることになったりと少しストレスでした。

きれいなトイレにすっと入れるのは、乗り換えで駅間を歩く面倒を凌駕します。

来年からも浅草乗換で行こう!と収穫を手に入れました。

 

9時過ぎに到着したトレジャーガーデンはまだ人もまばらです。

Cimg7294

入口のアーチの二種類のピンクのばら、スパニッシュビューティとピエールドロンサールは満開です。

Cimg7300

例年、5月半ばに行くとばらのピークであることが多いのですが、今年はまだ早咲きのばらしか咲いていなかったのが意外でした。

暖冬だったし5月に入ってからは好天続きだったので満開を期待していたのですが、3-4月の寒さが影響したのでしょうか。

奥のアーチの淡いピンクのオールドローズ「ポールズヒマラヤンムスク」はまだ数輪しか咲いていませんでした。

 

ほとんどのばらが蕾が主なので、満開を知っていると少し物足りなく思われますが、お花は少しだけでも美しいものです。

またこの時期は新緑も美しいので、とても爽やかな気持ちです。

Cimg5347

トレジャーガーデンはばらの前の時期にはネモフィラのお花畑が人気です。

すでに盛りは過ぎていますが、これだけのネモフィラが残っていました。

ばらの最盛期にはすっかり枯れてしまっているので、ネモフィラやルピナス、リナリアのお花畑を楽しめたのはよかったです。

Img_20190515_094150

ただ、毎年思うのですが、なぜ園内に流れるBGMは必要ないなあと思います。

入り口近くのレストラン前のスピーカーから今年は洋楽が流れ続けていて、それはお花畑や奥の白バラのアーチにいても聞こえてきます。

数年前の懐かしい曲が流れてきたりして、カフェとかで聞いたら楽しいもしれませんが、美しいフラワーガーデンの中でBGMが必要とは思えません。

木々の間を抜ける風の音やたまに聞こえる鳥の声、お客さんたちの楽しげなおしゃべりの声、それだけで十分だと思います。

次に行くアンディ&ウイリアムズボタニックガーデンが静謐な空間なのと対照的で、本当にこのBGMがなければもっと洗練された素敵な空間になるのになあと思います。

今年は立ち入り禁止のエリアが例年以上に多かったのも少し残念でした。

初期のころに公開していた池のある森もいつかまた再公開してほしいと願っていますが、今はすっかり地図からも消えてしまっているので、ひょっとして土地を手放してしまったのかなという気もします。

2019年5月14日 (火)

ステンドグラス教室のフライヤーができました!

 

ステンドグラス教室の生徒さん募集のためのチラシを作成しました。

Img_20190514_0003

 

昨日納品されましたが、とてもきれいにできていて、なんだか自分の教室のものとは思えないくらいです(^_^;)

明後日5月16日の近隣地域の新聞にも折り込まれます。

お問い合わせが来てくれたらいいなと期待しております。

もしご覧になってご興味をもった方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひお電話やメールでお問い合わせくださいませ。

2019年5月10日 (金)

天地創造 第2・3日目

アップが遅くなりましたが、連休前半のお天気が思わしくないときに南半球を完成させました。

こちらは裏側のはんだづけが終わった状態です。

オーストラリアが確認できます。

20190501_1

その後、表側のはんだのラインを整えて、ブラックパティーナではんだを黒く染めて完成です。

20190501_2

ところがその後、海のガラスが一か所割れてしまっていることが判明! (>_<。

現在、海のガラスが足りなくて発注する予定なので、ガラスが入荷したら北半球の海の残りと一緒に、割れてしまったピースを新たにカットして交換します。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »